オリーブオイル コレステロール|血中コレステロールに対するオリーブオイルの作用とは?

オリーブオイルはオリーブの実を原料とする植物油です。
れっきとした油というわけですね(#^.^#)

 

オリーブオイル

 

故に、油分である以上栄養素の分類でいえば、3大栄養素の一つである脂質にあたり、脂質は最もエネルギー源となってくれる一方、摂り過ぎると太るといわれています。

 

 

それなのに、オリーブオイルは毎日スプーン1〜2杯飲むことが推奨されるくらい身体に良いとされ、ダイエット食材としても注目を集めています
油分なのに?・・・です。

 

それはなぜなのでしょうか?

オリーブオイルの主成分は身体に良い脂肪酸

オリーブオイルの主成分はオレイン酸という不飽和脂肪酸です。

 

この不飽和脂肪酸が身体に良いわけなのですが、よく理解するためにここで、脂肪酸の種類についてご紹介しておきましょう(#^.^#)

 

《脂肪酸の種類》
@飽和脂肪酸(乳製品、肉などの動物性脂肪、ココナッツ油、やし油など熱帯植物の油脂)
A不飽和脂肪酸
  ○一価不飽和脂肪酸(オリーブオイル、ひまわり油、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツなど)
  ○多価不飽和脂肪酸

  • n-3系(オメガ3系)不飽和脂肪酸=αリノサン酸、DHA,EPA(
  • n-6系(オメガ6系)不飽和脂肪酸=リノール酸、γリノレン酸、アラキドン酸
       

 

まず、脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という2つの種類があり、多く摂ると太るとされる要注意な油は飽和脂肪酸です。
乳製品や肉などの動物性脂肪、揚げ物に使われるサラダ油などはこれに該当しますね。

 

josei

 

一方、不飽和脂肪酸は、飽和脂肪酸とは違い全体的に「健康オイル」と認識され、コレステロールを低くする働きがあるといわれています。

 

種類としては、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があり、オリーブオイルはこの一価不飽和脂肪酸に該当します。

 

因みに、多価不飽和脂肪酸にはオメガ3系脂肪酸オメガ6系脂肪酸という種類があり、ひまわり油や大豆油、コーン油などに多く含まれています。
これらも身体に良いオイルとして有名ですね(#^.^#)

button

◎一価不飽和脂肪酸の健康効果

  1. 血液中の悪玉コレステロール値を低下
  2. 循環器系疾患のリスクを減らす可能性あり

 

このように、一価不飽和脂肪酸であるオリーブオイルは、血中コレステロール(LDL:悪玉コレステロール)を下げる働きをしてくれます。

 

しかし、実は、コレステロールを下げる作用にだけ注目すると、多価不飽和脂肪酸の方が高い効果を発揮します(゚д゚)!

 

なのに、なぜ一価不飽和脂肪酸であるオリーブオイルの方が健康オイルとして着目されるのでしょうか?

 

 

それは、多価不飽和脂肪酸の方が、悪玉コレステロールを減らす作用が強い一方、善玉コレステロールも同時に減らしてしまう欠点があるのに対し、一価不飽和脂肪酸であるオリーブオイルは、 動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール値(LDL)を下げ、動脈硬化の防止に役立つ善玉コレステロール値(HDL)は下げずにそのまま維持する・・・という理想的な性質があるからです。

 

この性質故に、オリーブオイルは動脈硬化や心臓病、高血圧に効果的だといわれていますし、若々しい血管年齢を維持でき、心筋梗塞、脳卒中などの心血管病の予防に役立つと考えられています。

 

 

こうした理由からオリーブオイルは、毎日スプーン1〜2杯程度飲むとよいとされているわけですね(#^.^#)

 

button

最高品質のオリーブオイルはこちら!

 

オリーブオイルのある暮らしで健康イキイキ!『オリーブハート』