オリーブオイル 選び方|素晴らしい美容効果や健康効果を活かすためには品質が重要です!

最近、特に注目が集まるようになったオリーブオイル。
多くの雑誌やテレビ番組でも取り上げられているように、実際にオリーブオイルには様々な健康効果や美容効果が認められています。

 

josei

しかし、そうした素晴らしい効果は良質なオイルを正しい方法で摂取できてこそ発揮されるものなのです。

 

 

では、良質なオリーブオイルとはどういうものなのか?そして、その選び方のポイントは?・・・といった情報について、まとめてみたいと思います(#^.^#)

 

オリーブオイルにいは種類がある!?

まず、抑えておかなければならないのは、オリーブオイルの種類です。
オリーブオイルは本来、実に細かい区分がなされているもので、その種類が違えば風味も味も効能も全然違ってくるものなのです。

 

だから、どのオリーブオイルを摂取するかはとても大事なこと。
特に、知識もあまり浸透していなくて規制基準も異なる日本には、イタリアのような原産国に比べて偽物が多く流通しているといわれていますので、摂るべきオリーブオイルの種類についてはきちんと把握しておきましょう(*^-^*)

 

《オリーブオイルの種類》

 

○バージンオリーブオイル(果実をそのまま搾っただけのもの)
 ・エキストラバージンオリーブオイル
 ・ファインバージンオリーブオイル
 ・オーディナリーバージンオリーブオイル
 ・ランバンテバージンオリーブオイル(食用には不向き)

 

○精製オリーブオイル(化学処理によって精製されたもの。主に加熱用))
 ・精製オリーブオイル
 ・精製オリーブポマースオイル

 

○オリーブオイル(バージンオリーブオイルと精製オリーブオイルがブレンドされたもの)
 ・ピュアオリーブオイル
 ・オリーブポマースオイル

 

上記の分類は、オリーブオイルの本場、イタリアで法律によって厳密に区分されているものです。
品質の安定性を示す酸度によって細かく分けられているのです。

 

例えば、最高品質のエキストラバージンオリーブオイルは酸度が0.8%以下と規定されています。
さすがですよね(#^.^#)

 

oliveoil

 

でも、日本でこんなに多種類のオリーブオイルを見かけることはありません。
このうち、日本に入ってきているのは、ピンクの文字で表示した3種類とのことなのです。

 

・エキストラバージンオリーブオイル
・ピュアオリーブオイル
・オリーブポマースオイル

oliveoil

 

しかも、オリーブポマースオイルに至っては、ほとんど目にすることはありません。
一般的に国内で販売されているのは、エキストラバージンオリーブオイルピュアオリーブオイル(単にオリーブオイルと呼ばれることが多い)の2つということになりますね。

 

 

とはいえ、これらの品質は各メーカーによってマチマチであることが多く、エキストラバージンオリーブオイルに至っては、質の良い本物であることはわずか30%にも満たないといわれています。

 

「本物」といわれる良質なエキストラバージンオリーブオイルの選び方

では、「本物」といわれる高品質のオリーブオイルを購入するためには、どのような選び方をすれば良いのでしょうか?

 

そのポイントは、次の2つです。

 

  • 色の濃い遮光瓶に入れて販売されており、かつ比較的高額なもの
  • 国際認定機関の認証を受けているもの

 

なぜ、この2つがポイントとなるのか?・・・それは、オリーブオイルに関しては、日本が設けている基準とオリーブ原産国をはじめとする国際基準が異なっているからなのです。

 

日本の基準は甘い!?

通常、オリーブオイルは、IOC(国際オリーブ協会)が定める国際基準に従って分類されているのですが、日本はそのIOCに加盟していない為、JAS(日本農林規格)の規定に従って販売されています。
このため、エキストラバージンオリーブオイルの品質に関する基準も日本と世界ではズレがあるのです。

 

○日本基準=エキストラバージンオリーブオイルは酸度2%未満のもの
○国際基準=エキストラバージンオリーブオイルは酸度0.8%以下のもの

 

※酸度とは、酸化の度合いを示す度数(酸っぱさではありませんww)であり、数値が低いほど酸化していなくて品質が安定しているという意味です。

 

 

つまり、国際基準ではエキストラバージンオリーブオイルと名乗ることができない品質のものが日本ではエキストラバージンオリーブオイルとして販売されているということ。

 

「国産品が一番」と信じている人には少なからずショックな話ですが、オリーブオイルにおいてはそれが該当しないのです(>_<)

 

josei

 

とはいえ、海外製品であればどれでもOKなのか?というと、そうでもなく、どこの国でも劣悪な品質のものは存在します。
故に、しっかりとした企業から販売されているものや、「ecocert(エコサート)」や「efsa(エフサ)」といった国際認定機関から認証を受けているものを選ぶ必要があるのです。

 

 

それには、認定マークのあるなしが見分けるポイントとなりますし、お値段も一つの目安になります。

 

認定マーク

 

高品質なエキストラバージンオリーブオイルは、果実を搾っただけで化学処理を一切加えていない未精製のもので、コールドプレス製法などで製造されているので、ある程度高額なものにならざるを得ないのです。

 

その目安は、1mlが3円以上ともいわれています。
あまりにお安い製品を見た場合は、「偽物のエキストラバージンオリーブオイルかも?」と疑った方がいいかも知れませんね(#^.^#)

 

ちょっとお高いなと思っても、健康のため、美容のために質の良いエキストラバージンオリーブオイルを選ぶようにしましょう♪

 

おすすめのエキストラバージンオリーブオイルは?

以上の選び方を踏まえ、本物のエキストラバージンオリーブオイルとしておすすめなのが、「オリーブハート」の輸入オイルです!

 

オリーブハート

 

こちらのオリーブオイルは、ヨーロッパの食品安全機関であり、日本でいうトクホのような認定機関である「EFSA(エフサ)」が認証し太鼓判を押しているエキストラバージンオリーブオイルです。

 

 

しかも、食品安全機関の基準をクリアした安心安全な品質であることはもちろんのこと、日本人の舌に合わせたオリジナルブレンドがなされたエキストラバージンオリーブオイルなので、一般的な市販のオリーブオイルが苦手な人でも「美味しい♪」と感じることができる逸品なんですよ(#^.^#)

 

 

実際、私自身、これまではオリーブオイルが苦手だったので、生で飲むなんてことは考えられなかったのですが、この「オリーブハート」でお取り寄せしたオイルだと美味しく生で食することができました!!

 

オリーブオイル

 

オリーブオイル

 

なので、これからオリーブオイルの美味しさを味わいたい!という初心者の方にぜひおすすめしたい逸品ですよ(*^-^*)

 

 

それに日本の四季に合わせて年4回、その季節にふさわしい風味を持った最高品質のオリーブオイルが定期的に届けられるので、1年を通して4つの美味しいエキストラバージンオリーブオイルが食せますよ♪

 

 

この「オリーブハート」を購入される場合は、入会金500円を払ってオリーブハート倶楽部に入会することになります。

 

入会とはいっても年会費は不要で、入会時の500円のみ。
解約も自由に行なえますのでご安心くださいね(#^.^#)